新橋UNO

『パチスロ北斗の拳_転生の章』プレス発表会&試打レポート

2013年4月15日(月)、サミー株式会社は原宿クエストホールにて新機種『パチスロ北斗の拳 転生の章』のプレス向け発表会を行った。


パチスロ北斗の拳_転生の章 プレス発表会集合写真

定刻の11:30、オープニング映像とともに発表会はスタート。


まずは、サミー株式会社代表取締役COO青木茂氏より開会挨拶が行われた。

パチスロ北斗の拳_転生の章 プレス発表会青木茂氏

同氏は、『2013年は北斗の拳生誕からちょうど30周年にあたる節目の年。この記念すべき年にパチンコに続き、「パチスロ北斗の拳 転生の章」を発表することができて、関係者各位の皆様には大変感謝している。

この「北斗の拳 転生の章」は今までの北斗シリーズで好評だった部分を残しつつも、それをさらに進化させるため、全く新しい2つのシステムを導入している。

それにより、多くのユーザーのニーズに応えることができるマシンに仕上がったと確信を持っている。』と力強く語った。


続いて、製品アンベールの後、サミー株式会社PS研究開発本部長星野歩氏より製品コンセプトの説明があった。

同氏によると『今作はとにかく遊びやすさを重視した。そのため、目指したのはいつ何時でも気軽に遊べるスペックバランスである。

当たりやすく、かつ単発終了の割合を極力減らし、初代北斗のように継続しやすく、それによりビッグボーナス並に獲得コインを得られる仕様に仕上がっている。

ユーザーが気軽に遊べる要素はスペック面だけではなく、演出などによる新しい北斗の世界観にも現れている。今作では新キャラクター「ガルダ」やパチスロ版には今まで登場しなかったキャラを積極的に採用し、ユーザーの皆さんが「毎日打ちたい!」と思える台に仕上がっており、初代北斗の出来を超えたと自負している。』と自信満々に語った。


そして、待望の機種説明へ。
ここでは今作の売りである、2つの全く新しいシステムが詳しく語られた。

まずは、「あべしステム」

通常時は画面左上にある「あべしカウント」を貯めることで、AT発動までの消化ゲーム数を短縮できる。

基本、1ゲームにつき「1あべし」づつカウントされるのだが、あべしカウントを大量に上乗せする大チャンスである「天破の刻」も搭載。

そして「あべしチャレンジ」発生でAT「闘神演舞(とうしんえんぶ)」発動のチャンス。
ここでは貯めた「あべし」に応じて、AT発動の当否を決定するが、もし失敗しても「あべしカウント」はなくならず持ち越せる。

もう1つは、「神拳勝舞(しんけんしょうぶ)」

AT「闘神演舞」のラストには必ずこの神拳勝舞が発生し、AT中に獲得した勝負魂(しょうぶだま)の数だけ強敵(とも)とのバトルが発生し、勝利で次セットへ。

しかも余った勝負魂はなくならず次セットへ持ち越せる。

「乗せる」「貯める」「持ち越せる」
が「北斗の拳 転生の章」でのキーワードのようだ。


そして機種説明の後は、今回ゲストである人気カリスマシェフ川越達也さんとタレントソンミさんの楽しいトークシセッションへ。

パチスロ北斗の拳_転生の章 プレス発表会トークセッション

川越さんは「初代北斗の拳は若い頃よくプレイした。」と語り、ソンミさんは「パチンコしかプレイしたことない私でも凄く楽しめた。」と感想を述べた。


続いて、なんと原作者である原哲夫先生からのビデオレターがサプライズとして登場!

パチスロ北斗の拳_転生の章 プレス発表会原哲夫先生ビデオレター

「北斗の拳が30周年を迎えることができたのは、皆さんに愛されたおかげ。パチスロ北斗の拳も1年半ぶりに新機種が登場ということで自分も楽しみにしている。今作では「ガルダ」という新キャラも登場するので、その辺りも楽しみにプレイしてほしい。」とのメッセージが流れた。

最後は熊谷営業本部長が、
「北斗の名に恥じない最高の仕上がりとなったこのマシンで、遊技人口の減少に歯止めをかけ、全国のホールに元気・活気をもたらしたい。そしてそれに伴い、業界全体で盛り上がっていきたい。新しい北斗の拳の伝説が導入日である6月3日からはじまる!」とアツく締めくくった。


そして、今回ご登壇してくださった全員によるフォトセッションを行い、発表会は幕を閉じた。

パチスロ北斗の拳_転生の章 プレス発表会筐体写真

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (C)NSP 2007 版権許諾証YGL-126 (C)Sammy

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事